【トレーニングパッド】トイトレ中、お出かけ時の漏れ対策におすすめ!

息子は2歳10ヶ月、トイトレ真っ最中です。

2歳4ヶ月になる夏に始めたトイトレ、6ヶ月ほど、かなりゆっくりペースで進めてきました。

気持ちと時間に余裕があれば、暖かい時期にトレーニングパンツだけ、もしくは何もはかずに過ごしたほうがはやくオムツが外れます。

でも我が家は、お出かけする予定が多く、寒い時期にも入ってしまったし、私もそんなに焦りもなかったので、一日にほんのちょっとのまったりモードで、オムツからの卒業を試みました。

こんな人に読んでほしい
・トイトレの時間がなかなか取れない
・トレパンの、お出かけ時の漏れ対策をしたい
・トレーニングパッドの使い心地を知りたい
スポンサーリンク

トレーニングパッドの役割

トレーニングパッド

トレーニングパンツの下にしいて使います。

オムツよりも漏れた感覚が分かるので、トイトレが進みやすいと。

 

これを敷いておくと、ほぼ漏れない。

ただこれは、あくまでも「親の安心材料」。

感覚が分かる、とはいってもそれに慣れてしまうとパッドにおしっこをしてもそのまま過ごしちゃうことが多かったです。

基本はトレーニングパンツで過ごすけど、お出かけの時、家にいる時もつきっきりで見れないときに敷いておくと安心です。

トレーニングパッドの使い方

トレーニングパンツの下にしきます。

パッド自体はコンパクトに折りたたんであります。

中に入れてから紙をはがして

ペタっと貼りながら広げる!

初めて使ったときは思いのほか大きくて戸惑いましたが、慣れれば問題なく使えます。

毎回のセットは少し面倒ですが、まあ慣れれば!

息子も、特に気持ち悪そうにはしてませんでした。

絶対に漏れない?

たまにもれます。

むしゅこ
むしゅこ

もれるんかーい

トレーニングパッド、慣れても中でよれることがあったり、うまくガードできてないと、びしょーんとズボン通り越してるときがたまにあります。

端っこもしっかり広がるようにセットして、ぴったりしたパンツをはかせるのがコツ!

男の子は特に前寄りにセットしたほうがいいです。

トイトレのおすすめグッズはこちらから>>【トイトレ準備】買ってよかったもの、いらなかったもの全部紹介!

トレーニングパンツは、漏れることが前提

トイトレ初期。まず、「漏れない」って書いてあるトレーニングパンツを買いました。

これをはいて生活して、だんだん濡れた感じにも慣れてもらおう~って軽い気持ちでした。

 

私が買ったのはこちらのトレーニングパンツ。

3層、4層、6層と種類があって、層が厚いほど多くおしっこをキャッチしてくれます。

 

トレパンは10枚ほど持ってるけど、洗い替えにも多めにあったほうがいい!

布が何層にもなってるし、ばっちり「漏れない」って書いてあるの買ったんですが、一度のおしっこでも漏れまして。

毎回ズボンも通りこし、下に敷いてるマットもぬるのでこっちがハラハラ落ち着かず。

6層の方なら!とはかせていると、うんちしちゃった時に奥までしみこんで、洗うのが大変で。

普段の洗濯じゃ臭いもとれず、シミもとれず、漂白剤につけこんで何とか臭いを消し去って、という具合でした。

6層パンツにうんちは悲惨…

 

どうしたら漏れないんだ…、と思ったけど、たどり着いた結論は、

「トレパンは、漏れるもの!」

始めたばかりの頃は、部屋がぬれないようにとか、漏れないように…ってとこばかり考えてました。

今思えば毎日ガチガチに予定がつまってるわけじゃないので、週に1日でも、トレパンだけで過ごして、漏らしても大丈夫な環境を作り、息子とがっちり向き合う時間を作ればよかったなあと、思います。

濡れて気持ち悪いって感覚をつかませたいから履かせるわけで。

びしょびしょになるのは仕方ないかと。

トイトレを始めて、トレパン生活にして、すぐおむつが外れればいいんですが、漏れないか漏れないか…とずっと気をはってても疲れちゃいますよね。

そんな時は、夕方はパッドをつけたり、もれたら困るお出かけや買い物の時はパッドをつけたり、と自分がストレスたまらないようにするためにもパッドを使ってました。

状況によってトレパンマンを使うのも便利

トレーニングパンツと同じ時期に買ったのが、名前も知っていた、ユニ・チャームのトレパンマン。

トイトレの時期に履かせる、といえば真っ先に浮かんだのがトレパンマンでした。

普通のおむつよりは割高だけど、トイトレ成功率も上がっていくらしいし!

トレーニングパッドとトレパンマンのコスパ比較

比較してみました。

気になりますよね、コスパ。

オムツと違って、トレーニング用のものは一回でも濡れると気持ち悪い設計なので、その分かぶれも心配。

濡れるたびに頻繁に交換することになります。

すぐにオムツ卒業できればいいんだけどね~

 

オムツの値段はお店やメーカーや時期でまちまちではありますが、Lサイズ場合のオムツ、トレパンマン、トレーニングパッドのだいたいの税込料金の比較してみました。

・オムツ(ムーニーマン)
56枚入り約1500円→【1枚約27円】
・トレパンマン
36枚入り約1500円→【1枚約42円】
・トレーニングパッド
33枚入り約700円→【1枚約21円】

一枚の値段でみると、パッドは普通のオムツよりコスパがいい!

ただ頻繁に交換する必要はあるので、トイトレの進み具合にもよります。

トレパンマンはこんな時に使ってます

トレーニングパットに比べれば一枚が割高にはなるトレパンマンですが、使い分けてお世話になってます。

  • 長めのお出かけの時
  • トレーニングパンツの洗濯が間に合わないとき

 

まだ外出先のトイレでするのが苦手な息子。

外出先でパンツにうんちされると、処理が大変です。

オムツの時のように両端ビリビリもできないのでパンツごと下までさげることになり、パッドをつけてても、パンツにうんちがついちゃうことがある。

うんちついたパンツ持ち歩きたくない…

その辺の公園や買い物なら、帰って取り換えればいいんですが、電車で遠出とかになると、外でも捨てられるほうが楽。

あとはトレーニングパンツの洗濯が追い付かないときも、トレパンマンの出番。

寝てるときにたくさんしちゃう場合も、漏れる心配が少ないトレパンマンがおすすめ

 普通のオムツはもう必要ない?

オムツを使うことは、ほとんどなくなりました。

最近使ってるのはこんな時かな。

  • 一時保育に預ける時
  • 外出用の予備にバッグに入れる時

どちらも、トレパンマンでいいけどコスパを考えてオムツでもいいかな~くらいの時です。

オムツ、トレパンマン、トレーニングパッドのメリット・デメリット

オムツ

《メリット》

  • 頻繁に取り替えられなくてもある程度サラサラ

《デメリット》

  • 快適に過ごせる分トイトレが進みにくい

トレパンマン

《メリット》

  • ぬれた感覚が分かるのでトイトレが進みやすい
  • 履かせるのが楽
  • 外出先で捨てられる

《デメリット》

  • コスパがよくない

トイレトレーニングパッド

《メリット》

  • コスパがいい
  • ぬれた感覚がわかる
  • 持ち運ぶ場合もコンパクト

《デメリット》

  • 装着するのが少し面倒
  • よれて漏れることがある

 

アイテムを組み合わせてトイトレを進めよう

トレパンに合わせて、トレパンマン、トレーニングパッド、うまく組み合わせて、トイトレも順調に進んできた実感があります。

息子の気分のムラはありますが、一日全部トイレでできた日も!

うんちができた時ってめちゃ嬉しい…!

 

トイレトレーニングパッドオンライン限定で夜用とセットもあるみたい!

 

3層がおすすめ。

6層はパッドと組み合わせると厚いから、もう少しトイトレすすんだら単体で使えそう。

 

むしゅこ
むしゅこ

お兄さんトミカパンツ!

少しゆるさ、隙間があく感じはあるけど、トミカでテンション上がるし比較的問題なく使えてます。

まとめ
・基本はトレパンで過ごすとオムツが外れやすい
・トレパンの漏れ対策にはトレーニングパッドがおすすめ
・お昼寝、遠い外出時はトレパンマンがおすすめ

無理せずに、一緒に楽しく進めていきましょう~♪

この記事を書いたのは
mina

千葉県船橋市在住、茨城県出身の専業主婦、2歳男子ママ。超おおざっぱな性格。息子はどんどん自由にやんちゃにたくましく成長中。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線でゆるーく楽しく発信します。

minaをフォローする
トイトレ
スポンサーリンク
シェアする
あきみなの おおざっぱ育児

コメント