未就園児無料子育て便利グッズ

3歳になった息子の指しゃぶりをやめさせる!おすすめアイテム紹介します

息子は、赤ちゃんの頃からずーっと、寝る時には指しゃぶりをします。

ガーゼのハンカチでほっぺをすりすりしながら、中指と人差し指をしゃぶり、寝かしつけをしなくてもセルフで寝ます。

「指しゃぶりしてると出っ歯になる」

…わかってはいるんですけど、この姿がかわいくて…
いつまでも赤ちゃんだなーってほほえましくて…

でも…

さすがにそろそろ卒業したほうがいいかな

とりあえず、いろいろと指しゃぶりの影響、おすすめの卒業方法を調べてみました。

なかなか指しゃぶりが卒業できなくて困っているかた、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

指しゃぶりの原因と影響

そもそも指しゃぶりの原因はそれぞれに違い、一概にはいえません。

さみしいからしゃぶる心理的なものだという考えや、お母さんのおなかの中でも指しゃぶりをする姿がみられることから生理現象だ、という考えなどさまざま。

乳児期には様々なものに興味が出るので、いろんなものを口に入れて感触を確かめます。

指もそのひとつ。

成長していくにつれ、退屈なときや眠いときなど限定で指をしゃぶるようになります。

徐々にいろんなことに興味も出てきて自然になくなることが多いですが、クセになっていて3歳になっても指しゃぶりがやめられない、という子もいます。

我が家にも。

指しゃぶりの影響としては、やはり「出っ歯になる」こと。

実際に息子も、1歳半検診で歯を見てもらったとき、一発で先生に「指しゃぶりしてる?」っていわれてドキッとしました。

3歳4ヶ月現在の歯。

たしかに完全に上の歯が前に出ちゃってる…。

スポンサーリンク

いつまでにやめさせればいいのか

焦りましたが、日本小児歯科学会によると、3歳ごろまでは無理にやめさせなくても大丈夫とのこと

4歳以上になると、骨格にも影響が出てくるので出っ歯にならないようにするためにも、本格的にやめさせる工夫をしていくのがいいそうです。

指しゃぶりをやめさせる方法とグッズを紹介

絆創膏を貼る

小さい子って、ばんそうこう、好きですよね。

うちの息子も、「ここにはるの~♪」ってやたらもってきます。

指しゃぶりの指にかわいいキャラクターの絆創膏を貼っておけば、無意識にしゃぶろうとしてもハッと気づけます。

ただ、みんなすぐ剥がしちゃうらしく。

楽しみながら手軽に試せるのはいいですね!

指しゃぶり卒業の絵本を読む

この、「ゆびたこ」という本が有名です。

指にできたたこが関西弁で話しかけて、 もっとすっておおきくしてや~って話しかけてくる…笑

絵も、一見キモいけど見てるうちにクセになります

本を読んでやめられたという声がたーっくさん!

自分の意志でやめられるっていうのは自信にもなるしすごくいいですよね。

本自体も楽しめて一石二鳥!

指しゃぶり防止マニキュアをぬる

どうしてもやめられない、噛みグセもあって爪がボロボロになっちゃうって時はマニキュアタイプがおすすめ。

爪噛み防止の苦ぁーいマニキュア「かむピタ」というものがあります。


おしゃれや遊び気分で塗れて、しゃぶると苦いから、だんだんクセが治っていきます。

爪を保護できるのは嬉しい!

落としたいときにはアルコールですぐ落とせます。

自然にやめられた子がたくさん。

ただ、そこまで深刻じゃないって場合には1,650円は高いかもしれません、が…

このかむピタ使用後のものでもメルカリだと1,500円ほどで売れてます。(コソッ)

中古品は使いたくない、という方は新しいものを購入し、やめられたらメルカリで売る。

そうすれば実質約100円で指しゃぶりや爪噛みがやめられる!って考えるとお得♪

\キャンペーン価格は777個限定/


2,980円のものが、今なら税込1,650円(送料無料)で購入可能です。

無理せず楽しく指しゃぶりを卒業しよう

かむピタは、あと半月で指しゃぶりを卒業できなければ購入しようと考え中!

期限を決めるのもいいかもしれませんね。

 

わが家では、指をしゃぶったときに「ちゅぱーっ!!」って明るく楽しく指摘してます。

本人も、勢いよく指をとりだしたりして。

寝る前の時間は指しゃぶりしちゃうことが多いですが、寝たら外すようにして、しゃぶってる時間も減ってきました。

 

無理に、「指しゃぶりはだめ!」と言ってしまうとお互いにストレスになるので逆効果。

絵本を読んで楽しい時間をすごしたり、マニキュアでオシャレを楽しんでみたり。

日常生活の中に自然とアイディアを取り入れて、自然に指しゃぶりを卒業していきましょう♪

コメント

スポンサーリンク