おすすめ記事トイトレ

【アボカド栽培】夏は根腐れに注意!注意点と対処法を紹介

今年から栽培開始したアボカド。

今我が家には、5個のアボカドたちがいます。

>>【アボカドの栽培方法】3ヶ月の成長記録

 

もともと熱帯で育っているアボカド。

冬の寒さには注意だが、夏は元気に育つ、という情報のもとルンルンで育てていました。

でもそんな中、噂には聞いていた「根腐れ」が実際にわがやのアボカドたちにも起きてしまったー!

夏のアボカド栽培で注意する点、根腐れしたときの対処法などをまとめています。

スポンサーリンク

いちばん順調だったアボカドが根腐れを起こした最大の原因

根腐れを起こす原因は、「酸素不足」です。

・土で育てている場合…水をあげすぎることで土の隙間にある酸素が徐々になくなり、酸素が不足する
・水で育てている場合…水の温度が上がりすぎたり取り換えを忘れることで、水の中の酸素が不足する

 

ぐんぐん伸びて、30㎝ほどになった我が家のアボカド。

そろそろスタバカップも窮屈になってきたし、大きめの鉢に移し、ハイドロボールで育てよっかな~って思ってました。

家やベランダで育てる場合、虫がわきにくいハイドロボールでの栽培がおすすめ

 

…思っては、いたんですが、百均をめぐっても売り切れてる。

ということでこのぷよぷよボールに植え替えてみよ~って思い立ったのです。
ダイソーのぷよぷよボール
ぷよぷよボールには水がたっぷり含まれていて、観葉植物が育てられます。

 

でもこれは、あくまで室内での栽培に適したものなんですよね~。
あとで気づいたんですけどね~。

 

かわいいボールに植え替えて~、

置いておくと~♪

 

 

 

暑さで根が腐ります。

 

 

水と比べて根の具合が見づらくて
すぐにきれいな水に取り換えにくくて…

最悪な状況にさらしてしまいました。

さっさとハイドロボールをネットで買いなさい、一か月前の自分!!!

真夏の水耕栽培は温度に注意

ということで、ぷよぷよボールもそうですが、水の温度も、夏の屋外で育てているとすぐに熱くなっちゃいます。

特に小さなカップで育ててたものは温度が上がりやすく、根腐れを起こしてしまいました。

左の根っこも少し茶色に。

予兆としては、水の中で根っこにふわっとした綿のようなものがはえてました。

次の日くらいに黒くなっちゃってたかな。

夏はこまめに温度をチェックして、新しい水に取り換える必要があります。

根腐れの対処法

このように黒くなってしまった根っこは、元には戻りません。

さらに、黒くなった部分の細胞に「嫌気性微生物」が発生し、根を腐敗させて広がってしまいます。

腐敗が進まないように、根腐れで黒くなってしまった部分はカット

土で育っていた場合は土の中にも嫌気性微生物が含まれている場合もあるので土ごと取り換えます。

 

こんなにきれいな根っこが

真っ黒に…!

黒い部分をカットして、きれいな水で回復を待ちます。

ここで栄養剤を与えてしまうと肥料やけを起こすので注意!

栄養剤はだめですが、「発根促進剤」なら使ってOK。

発根促進剤なんて初めて聞いた!

実際に、根腐れして根っこを切り落としたわがやのアボカド、新しい水につけてみても、土に植えてもぜんぜん新しい根が生えてこないんですよね。

いまだに。

調べてみると、この「ルートン」がよく効くみたいで。

パッケージには「さし木の発根促進剤」と書いてありますが、球根にも使えるみたいです。

さっそくこれを買って、根っこにつけて様子をみようと思います!

根腐れに注意して夏を乗り切ろう

暑すぎるときは、室内の明るい場所に避難させるのがいいんですが、なにせうちには好奇心の塊の三歳児がいるもので。

むしゅこ
むしゅこ

よんだ?

何回かアボカドの様子をチェックしながら、ベランダで育ててます。

【アボカドの栽培方法】3ヶ月の成長記録と育たない時の対処法
おうちで過ごすことが多い今、アボカド栽培始めてみました。 スーパーで普通に売ってるあのアボカド、育てられるんです!...

ハプニングも含めて、アボカド栽培楽しんでいきましょう♪

発根促進剤のことなど、また記事にしてみたいと思います。

アボカド栽培
この記事を書いたのは
あきみな

千葉県船橋市在住、茨城県出身の専業主婦、2歳男子ママ。超おおざっぱな性格。息子はどんどん自由にやんちゃにたくましく成長中。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線でゆるーく楽しく発信します。

あきみなをフォローする
シェアする
あきみなの おおざっぱ育児

コメント

スポンサーリンク