未就園児無料子育て便利グッズ

【アボカド栽培】夏は根腐れに注意!注意点と対処法を紹介

今年から栽培開始したアボカド。

2021年2月現在、我が家には、9体のアボカドたちがいます。

ベランダのアボカド

 

もともと熱帯で育っているアボカド。

暖かい気候に適しているんですが、真夏の暑すぎる環境には注意が必要です。

特に小さなカップで育てていると根腐れしやすくなります。

わが家も真夏にいくつかのアボカドの根が茶色くなり、まさに根腐れを起こしてしまっていました。

でもちゃんと処理をすれば、またぐんぐん伸びてくれますよ。

夏のアボカド栽培で注意する点、根腐れしたときの対処法をまとめたので、参考にしてください♪

植物が根腐れを起こす原因と対策

根腐れを起こす原因は、「酸素不足」です。

・土で育てている場合…水をあげすぎることで土の隙間にある酸素が徐々になくなり、酸素が不足する
・水で育てている場合…水の温度が上がりすぎたり取り換えを忘れることで、水の中の酸素が不足する

 

30㎝ほどになった我が家のアボカド。

そろそろスタバカップも窮屈になってきたので、少し大きなカップに植え替えることにしました!

本当はハイドロボールを買えばよかったんですが、家にあったぷよぷよボールがかわいくて、なんとなくこれを使うことに。ダイソーのぷよぷよボール

ぷよぷよボールには水がたっぷり含まれていて、観葉植物が育てられます。

でもこれは、サボテンなど、あくまで室内での栽培に適したもの

まじで、真夏にこのぷよぷよボールでアボカド栽培はやっちゃだめです。

かわいいボールに植え替えて~、

置いておくと~♪

 

暑さで根が腐ります。

 

完全に酸素不足。最悪な状況にさらしてしまいました。

 

真冬の夜、真夏の昼の時間帯などは、屋内に移動させましょう

 

小さなカップで育てるときは特に温度が上がりやすいので注意。

左のアボカドの根っこも少し茶色になってます。

水の中で根っこにふわっとした綿のようなものがはえてきて、次の日くらいに黒くなっちゃってた感じです。

夏は一日に2回ほどは新しい水に取り換えるのがベスト。

スポンサーリンク

アボカドの根が茶色や黒に変色してしまった時の対処法

このように黒くなってしまった根っこは、元には戻りません

さらに、黒くなった部分の細胞に「嫌気性微生物」が発生し、根を腐敗させて広がってしまいます。

土で育てている場合は土ごと取り換えます。

腐敗が進まないように、根腐れで黒くなってしまった部分はカット

左のアボカドは太い根が一本だけしか生えてませんが、これを切っちゃってもちゃんとまた生えてきます。

真っ黒な部分を…

潔く全部カット!

だいぶ不安な長さになっちゃいましたが、きれいな水で回復を待ちます。

ここで栄養剤を与えてしまうと肥料やけを起こすので注意!

 

栄養剤はだめですが、「発根促進剤」なら使ってOK。

私はこのルートンを根っこに塗って成長を見守りました。

▼発芽促進剤のことや、根腐れした部分のその後の成長はこちら▼

【アボカド栽培】ハイドロボールへに植え替えたよ
アボカド栽培、色々調べてるうちにだいぶ詳しくなった気がします。 今までの記事はこちらから。 ①アボカドの種からの...

根腐れ部分をカットしてから約2ヶ月後の根っこはというと、

こーんなに立派に!!

黒くなってる部分もありますが、元気に根っこが枝分かれしてしっかりのびてます。

アボカドが根腐れを起こしたらとにかく根をカット

アボカドは、思いのほか、強いです。

いちばん太い芽を切ったアボカドもしっかり成長してます。

根もいろんな方向から生えてくれるので、恐れずガンガン切りましょう。

とはいっても予防が大切。

夏は温度管理、冬は水のあげすぎに注意して育てていきましょう!

 

\植え替えはハイドロボールを使おう/

【アボカドの栽培方法】3ヶ月の成長記録と育たない時の対処法
おうちで過ごすことが多い今、アボカド栽培始めてみました。 スーパーで普通に売ってるあのアボカド、育てられるんです!...
【アボカド栽培】ハイドロボールへに植え替えたよ
アボカド栽培、色々調べてるうちにだいぶ詳しくなった気がします。 今までの記事はこちらから。 ①アボカドの種からの...

コメント

スポンサーリンク