遊びのアイディア・スポット◎無料体験がお得◎幼児教育

【アボカド栽培】夏は根腐れに注意!注意点と対処法を紹介

今年から栽培開始したアボカド。

2021年2月現在、我が家には、9体のアボカドたちがいます。

ベランダのアボカド

もともと熱帯で育っているアボカド。

暖かい気候に適しているんですが、真夏の暑すぎる環境には注意が必要です。

わが家も真夏にいくつかのアボカドの根が茶色くなり、まさに根腐れを起こしてしまっていました。

でもちゃんと処理をすれば、またぐんぐん伸びてくれますよ。

夏のアボカド栽培で注意する点、根腐れしたときの対処法をまとめたので、参考にしてください♪

植物が根腐れを起こす原因と対策

根腐れを起こす原因は、「酸素不足」です。

・土で育てている場合…水をあげすぎることで土の隙間にある酸素が徐々になくなり、酸素が不足する
・水で育てている場合…水の温度が上がりすぎたり取り換えを忘れることで、水の中の酸素が不足する

順調に30㎝ほど育ってたわが家のアボカドなんですが、

こんな感じで見事に根っこが茶色くなっちゃいました‼

ショック…

暑い時期は、特に小さいカップで育ててるときは、温度がすぐに上がってしまうので注意です。

水の中で根っこにふわっとした綿のようなものがはえてきて、次の日くらいに黒くなっちゃってた感じかな。

夏は一日に2回ほどは新しい水に取り換えるのがベスト。

真冬の夜真夏の昼などは特に、屋内に移動させましょう

\いろいろ育てたくなったらレンタル農園も/

【畑レンタル】シェア畑と体験農園マイファームはどちらがおすすめ?農業体験やってる視点で比較!
都会に住んでいると、なかなか自分で野菜を作って育てるって機会ないですよね。 お子さんのいる家庭では、農業体験をさせ...

アボカドの根が茶色や黒に変色してしまった時の対処法

黒くなってしまった根っこは、元には戻りません

さらに、黒くなった部分の細胞に「嫌気性微生物」が発生し、根を腐敗させて広がってしまいます。

土で育てている場合は土ごと取り換えます。

腐敗が進まないように、根腐れで黒くなってしまった部分はカット

左のアボカドは太い根が一本だけしか生えてませんが、これを切っちゃってもちゃんとまた生えてきます。

真っ黒な部分を…

潔く全部カット!

だいぶ不安な長さになっちゃいましたが、きれいな水で回復を待ちます。

ここで栄養剤を与えてしまうと肥料やけを起こすので注意!

 

栄養剤はだめですが、「発根促進剤」なら使ってOK。

私はこのルートンを根っこに塗って成長を見守りました。

根腐れ部分をカットしてから約2ヶ月後の根っこはというと、

こーんなに立派に!!

黒くなってる部分もありますが、元気に根っこが枝分かれしてしっかりのびてます。

 

さらに、アボカドの他にも育てている植物がある場合は、100%天然植物成分の活力液、「HB-101」もおすすめです。

>>天然植物活力液「HB-101」


なんだかあやしいという意見もありますが、使っている方の口コミは枯れた花も元気になった、とか葉っぱが大きくなった、など、何かしら効果が出ている体験談が多く書かれています。

全ての植物に使えるので、畑&アボカド用に私も買ってみました!

効果は後ほどレビューしたいと思います♪

アボカドが根腐れを起こしたらとにかく根をカット

アボカドは、思いのほか強いです。

いちばん太い芽を切ったアボカドもしっかり成長してます。

根もいろんな方向から生えてくれるので、恐れずガンガン切りましょう。

とはいっても予防が大切。

夏は温度管理、冬は水のあげすぎに注意して育てていきましょう!

 

\野菜作りにもハマってます/

【畑レンタル】シェア畑と体験農園マイファームはどちらがおすすめ?農業体験やってる視点で比較!
都会に住んでいると、なかなか自分で野菜を作って育てるって機会ないですよね。 お子さんのいる家庭では、農業体験をさせ...

 

\1,000円から気軽に試せる 100%植物成分活性剤/

コメント