【初めての一時保育】 良い点とマイナス面。準備する物とポイントも

スポンサーリンク
子育て

こんにちは、船橋市在住で1歳9ヶ月の男の子のママをしています、minaです!

 

今回は、保育園で半日or一日子どもを預かってくれる、一時保育のご紹介をします。

 

この記事は、保育園には通わず毎日家で子どもを見てるけど、一時保育って実際どうなんだろう?たまにはリフレッシュで使ってみたいという方向けです。

準備するときのポイントも載せてあるので参考にしてください。

 

一時保育を利用したきっかけと利用までの流れ

きっかけになったのは人間ドックです。

一緒に受けようと、夫婦二人で同じ日を申し込みましたが、息子を連れていくわけにもいかない。

孫を溺愛する茨城の実家に預けるのがいちばん現実的かとは思っても、車で片道2時間。

茨城に預けて、千葉に戻って、人間ドック受けて、茨城に迎えいって、千葉に戻る。

なかなかの移動距離です。

千葉で1日預けられたらなー楽なのに。

 

…そんなシステムあったような。

記憶の片隅から引っ張り出したのが、一時保育という制度です!

これなら茨城に行かなくても近くに預けてすぐ迎えに行ける!

というわけで、在住の船橋市の一時保育制度を調べて利用してみようと思い立ちました。

さて調べていくと、利用の流れは…

 

保育園に問い合わせる

資料を取りに行く

面接の日程を決める

面接

慣らし保育の予約を取る

まずは半日の慣らし保育

問題なければ一日保育利用可能

 

 

Oh…!

なかなかの道のり!

 

調べる時期が遅すぎたので、結局人間ドック当日は茨城の実家に預けることになります。

しかし便利そうな一時保育。この過程を経て、利用までにこぎつけるのでした。

 

利用に向けての準備

 

さて、面接が終われば半日保育からスタートです。

準備するものはけっこうたくさん。

防水シーツ、お昼寝用バスタオル、ヒモ付きコップ、ループ付きタオル、食事用エプロン、口ふきタオル…

保育園にはフックに引っ掛けておくために、「ヒモ付き」を求められるものがあります。

ヒモ付きのタオル…家にないし買うか。縫い付けるのもめんどくさいし。

 

しかし!家にあるもので代用すればOKです。

可愛いキャラクターでお店に並んでるものイメージしてましたが、タグが付いているタオルにヒモを通して結べば完成。

私は家にあった長いゴムヒモを切って作りました。

 

私が一時保育のために新たに買ったものは

防水シーツ

のみです。

まず頭に置いておいて欲しいのは、そんなにちゃんとしたものじゃなくても形になってればOKということ。

素敵ママさんたちはキャラクターものとかで可愛くキレイに全部そろえて持ってくんだろうなー。

そんなイメージでしたが、

私が初めて保育園に行って、用意されたグッズをチラ見した時にまず思ったのが

「あー、なんだ。こんな感じでいいのね」

 

です。(失礼)

 

防水シーツもフリマアプリで安く購入しました。

防水になってるシーツならなんでも構いません、安いもので大丈夫です!

 

そして難敵が…そう、

保育園グッズに名前付け

全てのものに名前付けをする必要があります。

オムツやちょっとしたビニール袋にも全てです。

名前スタンプ買おうか、服にそのまま書こうか、アイロンテープで付けようか…

悩みましたが

名前を指定して注文するのもめんどくさい、服に直接は書きたくない、アイロンなんて家にない…

というわけで私がいちばん、簡単手頃でよかったと思う方法は

 

マスキングテープで名前付け!

 

え、マステ?ぜったい剥がれそう…

いやいやこれが、剥がれないんです!

 

コツはマステを長めに切ってタグの内側に折り込むこと。

1cm以上折り込んでおけば、洗濯しても剥がれる心配はほとんどありません!

こんな感じです。

薄い柄のマステを選んでペタペタ貼り、名前を書いていきます。

私はこういった地道な作業が好きなので、あとマステを使うのも好きなのでとても楽しい時間でした。

シューズにも、名前を書いたマステをタグに張り付け折り込むだけなので簡単です。

ガーゼハンカチや靴下には直接名前を書き込みます。

そう、ちょっと困ったのが靴下。小さいものだと内側に書くスペースもないので、結局直接足の裏の部分に書きました。

少し大きいサイズを新たに買う機会があるときは、足首の裏側にちょうどいい名前書きスペースがあるものを選ぶのもおすすめです。

 

マステは100均でも買えますし、色々と活用の仕方もありますのでこの機会に買っておいてもいいかもしれません。

 

一時保育の準備は、自宅にあるものを活用し、見た目よりも準備の楽さを重視し、早めにそろえていきましょう。

 

 

ではここからは、何回か一時保育を利用してみての、良かった点、大変な点、それぞれをご紹介しますね。

一時保育の良かった点

  • リフレッシュになる
  • たまに利用する分には料金がお手頃
  • 子どもの新たな発見がある

 

リフレッシュになる

一時保育を利用する目的は様々だと思います。

A利用、B利用とあるように、仕事をしている、病院に行く、もしくは息抜き、ジムに通いたいなど・・・

私は当初、人間ドックのためにと思っていましたが、なによりリフレッシュのために利用してみたいと思いました。

日々の生活に追われ、子どもとのにぎやかな生活…!!

それは幸せなことですが、自分がリフレッシュすることで、心に余裕をもって子どもとの時間を過ごすことができる

息抜きの時間も、日々の生活にとって大切なことだと感じます。

 

初めて慣らし保育で子どもを預けた日、帰りがけにファミレスに寄り、パンケーキとドリンクバーを頼んでゆっくりと朝食をとったんです。

ファミレスで一人ゆっくりとドリンクバーなんて時間が久しぶりすぎて、とても贅沢な時間に感じました。

これだけでリフレッシュ。たまった家事も頑張ろうと思えます。

 

利用料金が手ごろ

自治体によって料金は違いますので、今回は船橋市の場合でお話しします。

 

【半日利用 ~9時から13時~】

3歳未満1250円・3歳以上500円

【一日利用 ~9時から17時~】

3歳未満2500円・3歳以上1000円

いずれもプラス昼食代300円

 

私はだいたい週一回ですが、そのくらいの頻度で一日預かってもらえると考えると、この料金も手ごろではないでしょうか。

 

子どもの新しい発見がある

これも大きなポイントです。

息子はぜんぜん人見知りをしません。

誰にでもニコニコと笑顔を振りまき、初めての場所でも色んなものに興味を持って走り回ります。

母じゃなくてもいいのか…と本気で悩んだ時期もありましたが、初めて保育園に預ける日。

家族以外の人に預けるのは初めてなのでドキドキしながらも、バイバーイ!とさらりと預けて帰る予定でしたが、

 

大号泣!!!


あら? めっちゃ泣いてる。

私の足にしがみつき、かつて聞いたこともないくらいの大号泣です。

そうかそうか、母じゃないとだめなのかあ~。(にや)

人見知りがないことで悩んでいた私なので、ごめんよーという思いより、なんか嬉しい…!という気持ちのほうが強かったです。

息子の新たな面を知りました。

それから毎回最初は大号泣されるので、そろそろ慣れてくれーと思うこの頃ですが、お友達とも仲良く遊べているようなので一安心です。

 

それから、野菜も残さず食べられるようになりました

家ではなかなか食べてくれなかったのに、給食、野菜も完食しましたよ!の先生の言葉が最初は信じられなかったです。

家でも野菜に挑戦し、ちゃんと食べられるようになってきました。

嬉しい大きな変化です。

 

ほかにも、ティッシュで鼻を拭いて「ポイ!」と言いながらごみ箱に捨てられるようになったり…あげたらきりがないですが、日々の成長に驚くことがぐんと増えました。

これだけでも預ける意味はあったなあと感じます。

 

一時保育の大変な点

  • 一日利用までの過程、準備
  • 予約が取りにくい
  • 子供を預けることに対しての罪悪感

 

利用までの過程、準備が大変

上にも書きましたが、連絡を取っていざ利用するまでに面接など様々な過程があります。

一日の利用までには、早くても1か月ほどは余裕をもってみておいた方がいいです。

この過程を踏まなければいくら予定が入っていても気楽に預けられるものではありません。

持ち物も指定され、すべてに名前を書くという作業もあります。

 

予約が取りにくい

これが想像以上に大変でした。

受け入れの人数も保育園ごとに異なりますし、地区によっても予約の取れ具合は違うと思いますが、私のところは面接が終わったその月はすでにどの日もいっぱいでした。

実際に私は二か所の保育園で面接を受け、何とか予約を取って合わせて週一回の利用ができています。

保育園によって、『6月分の予約は5月8日の14時から』というように、次月の予約開始日が決まっているので、その時間ちょうどに電話するのが大事です。

私はのんびりしていて、14時から予約開始だったのに14時半ごろに電話をしたら、すでに来月のすべての日程が埋まっていたこともありました。

病院などのどうしても預けたいという日が決まっていればなおさら、予約開始日の時間ぴったりに電話をかけましょう!

 

子どもを預けることの罪悪感

この葛藤もありました。

便利だなー!と思う一方、子どもを預けて一人の時間を選んで私は何してるんだ…子どもとの時間が何より幸せなんじゃないのか…と、もやもやした気分で自転車を走らせる日もありました。

 

でも、たまに親と離れて集団生活をする、子どもにとってもいい体験です。

年齢の高い子と一緒に生活する時間もあるので、トイレトレーニングの刺激にもなりました!

IKEAの補助便座でトイトレスタート!おまる、ステップ、取っ手は必要?【2歳4か月の息子の現状】
2歳過ぎに始めたトイレトレーニングの記録。おまると補助便座はどっち?取っ手は必要?などの疑問もIKEAの補助便座だと一気に解決。メリットがいっぱいでスムーズに進められています。2歳4か月の現状も含めてお伝えします。

母も有意義な時間過ごすから、友達と楽しく遊んでくるんだよー!と、大きな気持ちで送り出してあげられればいいですね。

 

まとめ

利用できるまでにしなければならないことは多いですが、私は一時保育を利用してよかったと思っています

気持ちに余裕が持てる子ども自身も刺激になるなど、確実に今後の生活にプラスになってくれると今では思えます。

このブログの執筆も、一時保育の時にまとまった時間で進められるので助かっています。

 

皆さんもぜひ、この一時保育というシステムを利用してみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは
mina

千葉県船橋市在住、茨城県出身の2歳男子ママ。妊娠を機にスポーツジムでの仕事を辞め、専業主婦で子育ての合間にブログを書く。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線で発信します。

minaをフォローする
子育て
シェアする
スポンサーリンク
ちびたの ノート

コメント

  1. […] そんなあきみなさんの記事は【一時保育】 良い点とマイナス面。おすすめ名前つけの方法もということで、早速レポートをしていきます。 […]