【トイトレの進め方】私が実践した6つの方法と効果を紹介!

トイレトレーニング。

我が家では2歳4ヶ月の夏に始めました。

それから約9ヶ月の、まったり長い戦いになりました。

人によっては、数日でとれる子もいる中、自分がストレスにならないよう、一日のトイトレにあてる時間は数分で、まったり試行錯誤してきた感じです。

がっつりやりたい、負担なく進めたい、などあると思うので、我が家のまったりトイトレでの試行錯誤が、少しでも参考になれば幸いです。

こんな人に読んでほしい
・トイトレを始めようとしている
・季節ごとのトイトレの流れを知りたい
・子供のやる気を上げる方法を知りたい

子供のやる気を上げるためにやったことと効果

ざざーっと上げていきます。それぞれの効果も♪

ウォールシール、ごほうびシールを買う

トイトレを始めた夏の時期。

初めにシンプルな補助便座を準備して、あとはウォールシールでトイレを装飾しました。

ウォールシールとごほうびシール

詳しい準備の記事>>【トイトレ準備】買ってよかったもの、いらなかったもの紹介!

「うっでぃー!ばずー!」など楽しそうにしてたのはよかったかな。

このシールがあるから喜んでいく、までの効果ではなく、シールもはがしちゃうから効果としてはまあまあ。

そんなに値段も高くなかったので、マイナスなものではなかったかな

「トイレできたらシール貼ろう!」と言ってテンションも上げました。

シール貼るのが面白いらしく、数字のところにシールを貼る、ってこと自体を楽しめるしあってよかった。

一枚使う頃には飽きたけどね、

こちらも高くはないし、あってよかったなーくらいの感じ。

踏み台を自分でよじ登らせる

トイレに座ってできるようになったころ。遊具で遊ぶ感覚でさらに楽しく!

今までは私が持ち上げて補助便座に座らせてたのを、ここ登ってみて~!って感じで言いました。

よじ登ること自体を楽しんでたのでよかったです。

なんでも自分でやりたがる時期にぴったり。

自分で補助便座をセットすることからやらせてみたのも楽しめてました。

 シンプル補助便座&踏み台で進めたよ!

補助便座とおまるのおすすめはこちら>>【おまる?補助便座?】トイトレ用に選ぶ時のポイントは3つだけ!

トイレできたらお菓子あげるね作戦

寒くなってくると、トイレやだ!って時期があって苦戦。

「トイレできたら、このお菓子、食べちゃう?!」って楽しい雰囲気で言うと、ノリノリだったり、半泣きだったりしながらもちゃんとまたがる。

どうしてもおかし食べたいんだ!YouTubeみたいんだ!って言いまくって困る時、ありますよね。

そんな時に「じゃあトイレいけたらね!」って組み合わせると、いっぱい食べちゃう、見ちゃうの抑制にもなるしトイレも行けるしで一石二鳥。

今でもけっこうこの方法はやってて、効果もバツグン!

ただ、これに慣れてしまうと「自分からすすんでトイレに行く」ってのに苦戦するかもなので、ほどほどに。

トイトレとイヤイヤ期が重なるのも大変ですよね~。>>【イヤイヤ期対策】2歳子育て中の私が実践していること4つ

一日トレパンで過ごす

トレーニングパンツといっても、パッドをつけないとけっこう漏れます。

詳しくはこちらの記事で>>トイトレ時期に大活躍!【トレーニングパッド】はコスパ良いから買うべし!トレパンマンとの比較も

この「漏れると処理が大変」ってのもあって、長いことトレパンにパッドを敷いてトイトレを進めてたんですが、やっぱりこの安心感で、漏らしちゃったと伝えてくれることが難しい。

私も気合を入れて、漏れるのを覚悟して一日トレパンで過ごす日を決めました。

ソファーなど、濡れたらやばいものがあるときは防水シーツを。

保育園や一時保育でも必要な場合が多いので買っておいて損はありません!

何枚かかっておいても洗い替えに便利。

一時保育の記事はこちら>>【初めての一時保育】 良い点とマイナス面。準備する物とポイントも

 

お散歩中や家の中で2回ほどは漏らしたかな、でもこの漏らした気持ち悪さが、トイトレが進む機会になりました。

出なかったら何もはかずトイレの近くで遊ぶ

なんとかトイレに行ってまたがってくれても出ないことがあります。

そんな時はそのままトイレの前のフローリングの場所で遊びます。

トイレは開けっ放しにして近くで遊んでると、自分からスッと行ってくれることが多いです。

時間に余裕のある時はおすすめ!

トイレ行こうって言わない

タイミングを計ってトイレに行くと、ちゃんとでることができるようになった!

でも最終目標は、何も言わずに自分から行ってくれること。

自分で脱ぎやすいようにトレパンだけ履かせ、トイレの前でひたすら遊びます。

トイレ行こう!っていうとヤダ!って返しがちなので、「あ、トイレットペーパーだね~」とか、「さっきトイレいけてすごかったよね~」って言ったり、自分もトイレに行ってみたり。

最近は「トイレ行こう」って言わずにいかにトイレに誘導するかってのに全力を使ってます。

自分自身のゲーム感覚で!

一番効果のあった方法

こんな感じで、いろいろ試しながら進めていった感じ。

ざっと思い返すと、「何もはかず、もしくはトレパンだけですごす」ってのが一番効果アリな気がします。

最初からそのスタイルでずっと過ごせばよかったんですが、出かける用事も多くてなかなかがっつり進められなかったんですよね~。

あとはソファーだとか、布団だとか、濡れたらやだなってのがあって躊躇してた。

防水のおねしょシーツがあれば、ずっとそばについて、ごろんとするところなどに敷いておけば問題はなかったので、初めから準備してがっつりゆっくりトイトレの時間作ればよかったな…と。

トイトレ準備>>【トイトレ準備】買ってよかったもの、いらなかったもの全部紹介!補助便座、トレパンおすすめ品も

今、2020年4月。
コロナの影響でほとんどを家の中で過ごしてるので、ゆっくり息子と向き合えて、同時にトイトレもぐっと進んだ感じです。

トイトレで実践した方法まとめ

トイトレは、無理なく進めるのがいちばん。

1歳のうちにとれたとか、3日で取れたなどという情報を見ると、やばい…って焦ったりイライラしたりしがち。

実際私がそうでした

近道はあっても、家庭の状況や親、子どもの性格は様々。

がっつり短期間で終わらせるのがその家庭にとってベストだったり、まとまった時間が取れないときは少しづつ進めていくほうが気持ちが楽だったり。

春や夏がトイトレには最適な季節ですが、長く続ける場合は秋や冬も、作戦を変えながら進める必要もありますよね。

今回紹介したいくつかの方法、それぞれに合ったトイトレの進め方が見つかりますように…☆

この記事を書いたのは
mina

千葉県船橋市在住、茨城県出身の専業主婦、2歳男子ママ。超おおざっぱな性格。息子はどんどん自由にやんちゃにたくましく成長中。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線でゆるーく楽しく発信します。

minaをフォローする
トイトレ
スポンサーリンク
シェアする
あきみなの おおざっぱ育児

コメント