我が家のトイトレ日記③ -お菓子で釣る作戦は最強だ-

スポンサーリンク
トイトレ

こんにちは!minaです。

2歳半の息子のトイトレ真っ最中です。

 

今までトイトレに関して2記事書いてきました。

 

我が家のトイトレ日記① IKEAの補助便座でトイトレスタート!おまる、ステップ、取っ手は必要?【2歳4か月】
2歳過ぎに始めたトイレトレーニングの記録。おまると補助便座はどっち?取っ手は必要?などの疑問もIKEAの補助便座だと一気に解決。メリットがいっぱいでスムーズに進められています。2歳4か月の現状も含めてお伝えします。
我が家のトイトレ日記② 順調だったトイトレに暗雲が?!【失敗から見えてきた我が家のトイトレ必勝法】
IKEAの補助便座で始めたトイトレですが、寒くて便座が冷たくなりストップ。そんな時に役に立ったアイテムを紹介します。

 

うまくいったりいかなかったり、試行錯誤中。

 

今回は第三弾。

プチイヤイヤ期と合わせてトイトレをうまく進めちゃおうっていう記事です。

ではいってみます。

 

スポンサーリンク

お菓子くれ→「トイレ行ったあとね」作戦

これです。

子供はお菓子、大好きですよね。

お菓子は食べだすと隠しても見つけてきたり、もっと食べるといって止まらなくなるので 私はあまり買わないようにはしてるんですが…。

先日、孫を溺愛するじじばばからお菓子がたくさん送られてきました。

やべ、と思いましたが、お菓子を発見され、「たべるー♡」と袋を取り出すまで一瞬。

とてもうれしそうなキラキラの笑顔…

う…かわいい。

 

「じゃートイレ行ったあとに、食べよう!」

そう言ってみると、うああーんと言いながら(泣いてはいない)、トイレに一直線。

嫌そうにしながらもちゃんと座り、あ、普通に出た。

 

いろんなアイテム作戦でまあまあ順調にはいってたものの、すんなりトイレに行かないこともありました。

でも「おかしはトイレ行ったあとね」作戦は効果絶大!

 

お菓子は特別な時、という習慣がつく

今までは、誰かからもらった(たいていはじじばば)お菓子があるときは、なんとなく量を調節してあげてました。

もっと、もっと、が止まらず、「さっき食べたから、また明日ね」といっても「よくわかんねえ!とにかくおかしだ!はやくくれー!(意訳)」が続くことも。

まあしばらくすればおさまるんですけどねー。

 

そこで、お菓子はトイレに行ってちゃんとできた後に食べられる、というのを習慣にしてしまいます。

  • ぎゃーぎゃーお菓子要求が止まらなくて困る
  • トイレに行ってくれなくて困る

この二つの困るを組み合わせればどっちも解決!!

自然にお菓子の量も調整できます。

トイトレは楽しくストレスなく続けよう

トイトレ日記②にも書いたように、シールなどのごほうび作戦は、やっぱり効果が実感できます。

最初はごほうびのためにイヤイヤ行っていたトイレも、「嫌だけどトイレに行く→ごほうびがもらえる」が習慣化できてくると、ごほうびがなくても「トイレに行く」ってこと自体が習慣化されていきます。

「お菓子がないとトイレに行かなくなってしまうんじゃないか」という心配はいりません。

自然な流れで、「トイレに行けたら○○」というのを減らしていけばOK。

 

トイレ行こう、というとすんなり行けることも多くなってくるので、行けたらむやみにお菓子は与えず、ごほうびシール!

お菓子を食べたい欲求が激しい時はお菓子をごほうびに、といった感じ。

 

どうしても気分だったり本当に出なかったりで、「出ない!!!!!」と全力拒否されることはありますけどね。

 

 

ということで、これからも ごほうび作戦を取り入れながら、楽しんで進めていきます。

3歳になるまでには取れるかな~!

この記事を書いたのは
mina

千葉県船橋市在住、茨城県出身の専業主婦、2歳男子ママ。超おおざっぱな性格。息子はどんどん自由にやんちゃにたくましく成長中。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線でゆるーく楽しく発信します。

minaをフォローする
トイトレ 子育て
スポンサーリンク
シェアする
ちびたのノート

コメント