子供が二人欲しいと思ったけど、幸せは子供の数ではないと思えた心の変化

以前は二人目の子どもが欲しくて、でも叶わず、落ち込んでいた時期がありました。

こちらの記事>>「二人目はまだ?」っていう質問、もうやめませんか

 

私の持病もあって二人目はあきらめなければならない状況でしたが、二人目はいつかと質問されるたびにうんざりしてしまっていた時期も。

でも今では息子との生活を楽しめています。

落ち込んだ時期からどう気持ちを切り替えたのか、私の場合のお話をします。

 

どこかで思っていた「兄弟がいた方が幸せ」ということ

以前の記事の中で、「結婚しているか」、「子供はいるか」、「子供が何人いるか」で、幸せの度合いを測られてしまうのが嫌だ、と書きました。

その考えは変わりませんが、ふと、「自分も知らず知らずのうちにその考えが基本になってしまってるんじゃないか」って思ったんです。

 

「二人目を妊娠した」と聞くと、「いいなあ~」って感情が真っ先に浮かんでいました。

「私はあきらめたけど、もう一人いたら今より幸せだな、二人目を妊娠した人は、私より幸せなんだな」。

他人と比べて 自分で幸せの度合いを測ってしまっていたから、こんな気持ちが生まれたんだと思います。

知らず知らずのうちに、そんな風潮が自分の中にも刷り込まれてしまったのかもしれません。

どうして子供が複数いると幸せだと思ったのか

私が二人目が欲しいと思っていたのは、どこかで、育児生活が終わってしまうのが寂しいという思いがあったからです。

二人目ができたら、また新生児から、子供と一緒の生活ができる。“2倍の期間、幸せな生活ができる”

病気のせいで子供をあきらめている自分は、短い期間しか子供と一緒にいられない。

 

でもそれは、私の「子供が手を離れていくのが寂しい」という、マイナスな気持ちから

兄弟がいる家庭がより幸せに見えるのは、自分の負のフィルターがかかっているから。

それに気づくのに時間はかかりました。

子供が1人だからできていることを考えた

子供の人数にかかわらず、それぞれに楽しいこと、辛いことはあります。

どこかで思っている、2人以上が楽しい、という考えを変えなければと思いました。

自分が置かれている環境で、いま息子がひとりだからこそできていることを考えてみようと思いました。

 

大きく浮かんだのがこの2つ。記事にもしています。

今だからこそ、思い切りできていることは少なからずあります。

「子供はいつか 手を離れる」をプラスにとらえる

子供が新しく増え、子供と一緒にいる期間が長くなっても、いつかは手を離れるという事実は変わりません。

子どもが手を離れるのが寂しいからもう一人子供…という考えは変えなければいけないと思いました。

「育児」が自分の生活のすべてになり、「息子といる私」が自分になる。

その気持ちを変えられないままだと、子供が成長するたびにさみしさが増えていって、やがて自分の生活にぽっかり穴が開いてしまいます。

もっと、母としてではなく、ひとりの人間としての人生を充実しようという気持ちに変えていきました。

自分の時間をしっかり楽しむことで、ストレスの発散にもなり、改めて子供との時間が新鮮なものになります。

自分自身の生活を充実させることで、子供がもっといたら「子供といる私」が長く続く、それが幸せ、という考えを変えていきました。

それが、「子供が一人でも幸せ」と思えることにつながったといえます。

 

子供と向き合うかけがえのない時間、親子三人で暮らす幸せな生活をかみしめて、全力で楽しんでいきたいと、今は思っています。

この記事を書いたのは
mina

千葉県船橋市在住、茨城県出身の専業主婦、2歳男子ママ。超おおざっぱな性格。息子はどんどん自由にやんちゃにたくましく成長中。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線でゆるーく楽しく発信します。

minaをフォローする
子育て
スポンサーリンク
シェアする
あきみなの おおざっぱ育児

コメント