未就園児無料子育て便利グッズ

【ベビースイミングのおすすめスクール4選】スクールを選ぶポイントも紹介

初めての習い事に、「スイミング」を選びたい方は多いんじゃないでしょうか。

実際に我が家では、息子が0歳10ヶ月から2歳9か月までベビースイミングを習っていました。

ベビースイミングは、大変なこともあるけどメリットがたくさん。

詳しくはこちらの記事で↓

ベビースイミングの持ち物とレッスンの流れ、メリットとデメリットを徹底解説!

 

いざ、通わせようと思ったときに迷うのが、「どのスイミングスクールを選べばいいか」ですよね。

私が重視したポイントと、おすすめのベビースイミングスクールを4つ紹介しますね!

スポンサーリンク

私がスクールを選ぶ際に重視したポイント

大きく分けて4つあります。

スイミングスクール選びのポイント
・料金
・家からの距離
・振替が可能か
・コーチやレッスンの雰囲気

料金

まずは料金。

スクールによって料金体系もさまざまですが、週1回のレッスンで、月会費はだいたい4,500円から9,000円ほど。

指定のものがある場合はプラスで費用がかかります。

さらに同じスクールでも店舗によって料金は異なるのでHPで調べる必要があります。

 

家からの距離

これも重要。

私は家から自転車で行ける距離、電車でも行きやすい場所にあるスクールを選びました。

あまり遠すぎると親子で移動に疲れてしまい、めんどくさくなっちゃいます。

雨の日の場合は電車のほうが便利

振替が可能か

スクールによっては振替ができないところもあるようです。

用事が出来たらその一回分が無駄になってしまいます。

可能なら毎週振り替えできるスクールがいいです。

 

我が家はキッズモデルもやっていて予定もつかみにくく、当日にもお休み登録ができて毎週の振り替えが可能なところを選びました。

キッズモデルはどのくらい稼げる?かかる費用は?メリットとデメリットも全部紹介

レッスンやコーチの雰囲気

体験をしてから入会を検討するのがベスト。

雰囲気は足を運んで初めて実感できるもので、しかもすごく大切な要素。

ほとんどのスクールでは、1000円ほどで一回のレッスンを体験できます。

私はもともとスポーツジムで働いていたので、そのジムでやっているベビースイミングに通うことに決めました。

雰囲気はもともと知っているし、一緒に仕事をしていた仲間と毎週顔を合わせられるのも楽しみでした。

おすすめのベビースイミングスクール4選

千葉県を中心に大きく展開しているベビースイミングスクールを4つ紹介します。

料金表示はすべて税込です。

店舗によってもけっこう違いがあるので、あくまでも参考としてみてください。

 

コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブ本店のHPはこちらから

  • 料金:月4回…4,895円、フリー…9,460円
  • 登録料:3,300円、会員証発行手数料:1,100円
  • 対象年齢:4ヶ月~2歳児
  • レッスン時間:50分

 

全国に多く展開するコナミ。

ベビースイミングでは、「フリー」のプランがあり、体育スクールと合わせてなんと通い放題。

全部行くとすると、週4回、同じ日にスイミングと体育どちらも参加ということも可能。

これはすごい…!

近くに店舗があってたくさん行けそうならばこれは最高かも。

ティップネス・キッズ

ティップネスキッズのHPはこちらから

  • 料金:週1…7,260円
  • 登録料:3,300円
  • 対象年齢:4ヶ月~4歳未満
  • レッスン時間:45分
  • 振替:毎週可能

ビギナーとアドバンスにクラスが分かれていてレベルに合わせたレッスンが受けられます。

料金は高めですが、春休みなどに登録料0円や、初月・翌月無料のキャンペーンをしている時期もあります。

振替は毎週可能。

ルネサンス 親子ベビーコース

ルネサンスのHPはこちらから

  • 料金:月4回…5,500円、月6回…6,600円
  • 入会金:3,300円、事務手数料:5,500円
  • 対象年齢:6ヶ月~3歳6ヶ月
  • レッスン時間:50分
  • 振替:可能

親が記録を残せるスイミングノートがあったり、出席カードにシールを貼れたり、親も子も楽しく続けられる工夫がたくさん感じられます。

3歳6か月まで親子で一緒に入水可能。

料金も安いです。

イトマンスイミングスクール

イトマンのHPはこちらから

  • 料金:週1…4,400円、週2…6,050円
  • その他費用:入会金…5,500円、指定用品費・教材費など…約2,275円
  • 対象年齢:6ヶ月~3歳0ヶ月
  • レッスン時間:60分
  • 振替:なし

料金が安く、細かくクラスが分かれているので安心。

ただ、キャップやヘルパーなどは指定で購入する必要があります。

振替ができないのは難点。

それぞれに合ったプランでベビースイミングを楽しく始めよう

子どもが泳いでいる

今回改めて料金を比較してみると、思いのほか料金体系も幅広く、いろんなコンセプトでレッスンをしていることが実感できました。

まずは近くの通えそうなスクールを3つほどピックアップし、

それぞれ料金を調べ

分かりづらければ電話や資料請求

あとは体験を受けてみるのがいちばんだと感じました。

様々な角度で、親子で納得したスクールを選んでみてください。

 

コメント

スポンサーリンク