産後2ヶ月目にして最大の離婚の危機を経験した話

スポンサーリンク
子育て

こんにちは、minaです。

今回は、産後2ヶ月目に、私と旦那の子供に対する温度差により、大げんかの末に初めて『離婚』という文字が頭に浮かんだ時のお話です。

 

『産後クライシス』という言葉もありますが、ホルモンバランスの乱れもあり、慣れない育児が加わって幸せと大変さが一気に押し寄せる時期です。

今は平和に日々を過ごしていますが、思い返すとあの頃がいちばん辛かったかな···

 

喧嘩の内容、どうやって乗りこえたのかをここで公開します。

産後の生活環境

まず、私は2017年の4月18日に息子を帝王切開で出産しました。

 

産前約1ヶ月は実家である茨城県で過ごし、産後も生活の拠点は実家。

私の持病もあり、小学校の教師である旦那が夏休みに入る7月末まで実家で過ごしました。

旦那は毎週末、千葉から茨城までを車で会いに来てくれました。

 

事件は、生後2ヶ月を目前にした6月初めに、いったん千葉に戻って3人で生活した三日間のうちに起こります。

パパに対するイメージとのギャップ

義姉の旦那さんや私の男友達の、自分の子を溺愛する姿を見ていました。

「ねえうちの子ほんとかわいいっしょー」

「写真撮りまくってすぐメモリがいっぱいになるよ」

そんなデレデレなパパ達を見て微笑ましく思っていました。

これが理想、きっと旦那もこうなるはず!

でも実際は···

 

赤ちゃんをどう扱っていいか分からず明らかに戸惑ってる

「可愛いなぁ」と言うことも無い

写真を撮ることも無い

 

···あれ?

産後の夫婦げんかの内容

育児は誰しも最初は慣れないことだし、だんだん愛着が湧いてくるだろうと思ったりもしていました。

でも三日間千葉の家に帰り、一緒に生活をしてみると、

「泣き声聞くだけで疲れる」

「可愛いかって?別に普通」

という言葉。

 

当時の私にはあまりにも衝撃で、この発言で完全に私の心がプッツンしました。大爆発。

我が子を大事に思っていないんだな。

こんな人と

 

もう一緒に暮らしていけない。

離婚かぁ···。

 

怒りのままに感情をぶつけました。

 

 

私がいう「可愛いと思う?」というのは、顔が整っているかどうかではなく、愛しいと思うかということ。

それなのに、「他の子と比べて自分の子の方が可愛いと思うことは無い。みんな平等に見ている」という考えの旦那。

先生という職業上、全ての子を平等に見ようとする、という考えは分かるんですけどね···。自分の子じゃん!と。

親はみんな、自分の子が世界でいちばんかわいい!!

それでいいじゃん!!と、思ったわけですよ…。

大げんかをどうやって解決したか

  1. 仲の良いグループLINEに愚痴る
  2. パパ目線の絵日記を見る

 

【友達に愚痴る】

心を落ち着かせて、仲のいい4人グループのLINEで愚痴を聞いてもらいました。

その時に友人が言ってくれた言葉です。

 

・パパは二人きりの生活が日常だったけど、そこに突然赤ちゃんが増えて、対応しきれてないのかも。

パパにとっては2人での生活が日常だってんですもんね。

普段通り仕事をして帰ってきて、疲れている所に夜中まで子供の泣き声。

ママも一日中で疲れるけど、パパだって今までより疲れる、それも頭に置かなければいけないことです。

 

・平日は仕事をし、千葉から茨城まで、週末必ず顔を見に来てくれているのは紛れもない愛情だよ。

片道2時間の距離です。平日はフルタイムで仕事をし、土曜日に私の実家に来て、泊まって帰る。

それがすごいことなんだと言われるまでは、当たり前に感じてしまっていました。

結局、私が求めていたのは、子供への直接的な愛情だったんです。

かわいい!うちの子がいちばん!という感情をストレートに表現出来るパパが普通なんだと、イメージを膨らませすぎていました。

ましてやそういったものは、パパの言葉として真っ先に目にとまります。

そしてそれが世のパパの普通の感情、というイメージが設定されるんですね。

でも遠い道のりを会いに来てくれるというだけで、ストレートな表現ではなくてもその中に愛情がつまっている。そのことを気づかせてくれました。

 

・男は体内で育ててないし、産んでないから女以上に愛着湧くのに時間がかかるよ。

私より少し前に出産した先輩ママである友達からの言葉。

「我が子」という感覚は、お腹の中でずっと一緒に過ごしてきたのと、いきなり目の前に現れるのとでは実感として全く違うのは当たり前のことです。

愛着が湧く時間も人それぞれ、愛着を強要しても全く意味はありません。

 

【パパ目線の絵日記・本を見る】

これが効果絶大です!

友達に勧められるまでは、ネットで調べる時も、ママ目線の体験談中心にみて参考にしたり共感したりしていました。

ママ目線だと、共感できるエピソードがかなり多いです。

 

でもSNSや本で、パパ目線の育児絵日記や本を見てみると···

新鮮で面白くて、涙が出ました。

私が救われたのはこちらの本。

 

パパ目線のものって、自虐が入っていたりしてほっこりしつつ、初めての育児ってこんな思いなんだ、と新しい視点で読むことができるんです。

 

パパはママが赤ちゃんに取られてしまって少し寂しかったり。

ママにとっての当たり前が、パパにとってはそうでなかったり。

 

パパの素直な本音を覗くことができ、気持ちがだいぶ楽になりました。

イライラしてしまって、なんでこんなこともしてくれないの?!と怒りをぶつけてしまいそうになった時に見ると、だいぶ怒りもおさまります。

まとめ

産後は何もわからない状態で、友達と話しをする機会も極端に減ります。

ミルクをあげ、泣き止ませてオムツを変える。

そんな、必死に赤ちゃんと向き合う日常の中で、自分の周りの幸せに気づけないでいました。

辛くなったら、爆発する前に友達に相談してみることが大切。

共感してくれたり、違う角度からの意見も聞けて、冷静になって気持ちが楽になります。

知らず知らずのうちに周りと比べてしまうこともあると思いますが、愛情の注ぎ方は人それぞれ。

可愛い!とストレートに愛情を表現する人もいれば、将来のためにと保険や習い事、教育方針をしっかり考えてくれていたり。

不器用だって、今できる精一杯で、子供と接してくれるはずです。

その精一杯がどうしても足りなかったり、不満なことがあれば、溜めずにちゃんと伝える。

私のように爆発して、もう離婚だっ!!と思ってしまう前に冷静に伝えて、2人での育児をより楽しいものにしていきましょう。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたのは
mina

千葉県船橋市在住、茨城県出身の2歳男子ママ。妊娠を機にスポーツジムでの仕事を辞め、専業主婦で子育ての合間にブログを書く。千葉県の子連れおすすめスポット、育児情報など、ママ目線で発信します。

minaをフォローする
子育て
シェアする
スポンサーリンク
ちびたの ノート

コメント